太陽光発電の売電情報『東京電力』

東京電力

低炭素社会の実現に向け、2009年11月から始まった制度が「太陽光発電の余剰電力買取制度」です。太陽光発電で発電した分のうち、家庭で使わなかった分を電力会社に買い取ってもらえる仕組みで、エコにつながる上各家庭にとっては家計の節約につながります。

電力を買い取ってもらうためには、太陽光発電システムをつけた上で各地方の電気会社と「売電契約」というものを結ぶことになります。私たちが普段電気を使わせてもらう「買電契約」とは異なる契約のため、改めて契約を行わなければいけません。関東地方の方であれば、東京電力の各営業所・窓口で契約手続きを行うことになりますよ。

東京電力と売電契約をした場合の金額シミュレーションを立ててみたいと思います。売電自体については、全国共通で1キロワットあたり42円となっているので東京電力でも他の電力会社でも変わりありません。売電できる量についてですが、容量4キロワットのシステムで4,000キロワットの発電であればその6割、およそ2,400キロワットが見込まれます。家庭用としては平均的な値であり、この電力量をベースにすれば毎年東京電力から支払われる金額は10万円ほどとなるでしょう。もちろん、発電量が多い家や昼間に電気をあまり使わず発電した分の多くを売電に回せる家ではもっと多くの金額を受け取れます。

売電しなかった分は家庭で使う電力ということで、その分だけ電気会社から請求される料金も少なく済むということになります。一般的な家庭で最も多く契約している東京電力の「従量電灯B」で考えていくと、1キロワットあたりの料金は17.87円〜24.13円となります。詳しくは120キロワットまでは17.87円、120〜300キロワットは22.86円、それ以降は24.13円という3段階の料金制度となっています。普通の生活をしていれば毎月120キロワットは電気を使っていくことになりますから、節約できる料金は発電1キロワットあたり24円ほどと計算可能です。1,600キロワットを太陽光発電で節約できれば、その節約効果は1,600キロワット×24(円)で3万8000円ほどということになるでしょう。

以上、売電・節約と合計すると年間14万円弱ほど家計の足しになるというシミュレーション結果が出ました。もちろん家庭によって発電できる電力量には差がありますし、電力をどれだけ「売電」できるかでも金額は大きく変動してきます。あとは、太陽光発電を導入するための初期費用やメンテナンス費用をどれだけ抑えられるかを大切に考えていくといいでしょう。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細