太陽光発電の売電情報『東北電力』

東北電力

国民が全員参加して低炭素社会を実現すべく、2009年11月から太陽光発電の余剰電力買取制度がスタートしています。多くの方がこの制度についてご存知だとは思いますが、実際に電力を買い取ってもらえばどれくらいのお金が得られるかはよくわからないという方も多いでしょう。

ここでは太陽光発電を使って東北電力に余剰電力を買い取ってもらった場合について、簡単な金額のシミュレーションを行ってみようと思います。売電契約の申込みは各地域の電力会社と行うことになりますので、契約の手続きなどはお住まいの地方の電力会社の窓口で行われます。売電契約の中身についてはどの電力会社も共通で、1キロワットあたり42円という金額は変化がありません。その代わり各電力会社で「買う」ほうの電力料金が異なってくるため、家計への節約効果は微妙に各地域で違いが生じます。

東北電力の最も一般的な家庭向けのメニューは「従量電灯B」になります。アンペア数によって基本料金は異なりますが、これは太陽光発電とは関係ないでしょう。電力量にしたがって課される料金は、「従量電灯B」では120キロワットまでの範囲で16.81円、以降300キロワットまでなら22.56円、それ以上で24.17円となります。毎月の明細で、電気を120キロワットも使わなかったという月はほとんどないことと思います。したがって、太陽光発電で得られた電気を家庭の発電に利用した場合は1キロワットあたりおよそ23〜24円安くなるものだと考えられます。ここでは24円として、毎年の料金をシミュレーションさせてください。

4キロワットの容量で太陽光発電を始めた場合、見込める発電量の平均は4,000キロワットほどとなります。このうち、すでに太陽光発電をしている家庭の平均に近い「6割」を売電に回すことができたとしましょう。そうすると、東北電力に買い取ってもらえる電力量は年間2,400キロワット、金額にして10万円ほどになります。

この場合、東北電力から供給を受ける電気量は年間1,600キロワット少なくなるということになります。そのため、毎年の電気料金が1,600キロワット分、およそ3万8000円ほど節約できるという計算結果が得られます。月々で計算すると、「収入」と「節約分」を合わせて1万円以上のお得になるという仕組みです。

もちろん発電量は各家庭で異なりますし、昼間にどれだけ電気を使うかで「売電」にまわす割合が異なりこの金額は変化します。あとは初期投資にかかる費用と見比べて、投資額を回収できるか、回収できるとしたら何年かかるかを計算し導入を決めてください。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
「タイナビ」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
「パネイル」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細
バナー原稿 468×60 (110824)imp
「グリーンエネルギーナビ」の申込みはこちら