『太陽光発電 売電 シュミレーション』

太陽光発電の売電シュミレーション

太陽光発電で売電契約を結ぶのであれば、一番気になるところは太陽光発電でどれだけお得になるか、何年で初期費用が回収できるかだと思います。ソーラー発電を取り入れている家庭・企業が増えているおかげで最近はこのシミュレーションに必要なデータもそろい始めました。1キロワットあたりの売電量はおよそ1,000キロワット(1年間)、そして発電した分のうちおよそ6割が売電にあてられているというのが参考値です。

平均的な4キロワットの容量のものを導入したとすれば、年間4,000キロワットほとの発電が計算でき、2,400キロワットは売電に回すことができるという計算です。平成24年5月現在、1キロワットあたり42円で電力会社は買い取ってくれますから、入ってくるお金はおよそ10万円ほどとなるでしょう。

もちろん、発電した分を自分の家庭で消費するため毎月の電気代も安くなります。先ほどの計算では、1,600キロワット分電気料金を減らすことができるということになります。平成24年5月現在、東京電力での電気料金は120キロワットから300キロワットまで22円86銭、それ以上で24円13銭です。ここでは仮に1キロワットあたり23円で計算すると、1,600×23円=36800円となります。

以上のシミュレーションでは、年間13万〜14万の節約ということが見込めます。初期費用の太陽光発電システムを維持するために発生するメンテナンス費用は、主にパワーコンディショナーの入れ替えにかかる費用です。定期検査については、何十万円といった費用はかかりません。パワーコンディショナーは30〜40万ほどとなるでしょうから、初期費用に30〜40万をプラスした金額が導入にかかる全費用です。この数字をもとに、何年で元が取れるかどうかを見ていきましょう。

仮に太陽光発電導入の初期費用が250万円であれば、280万円÷13.5万円という計算により20年強で費用が回収できるシミュレーションが立てられます。初期費用が300万円であれば、330万円÷13.5万円で25年弱となるでしょう。この20年から25年という年月、皆さんは長いと感じるでしょうか、それとも短いと感じるでしょうか。

以上の計算は現在の電気料金を元にした計算ですので、もしかしたら今後このシミュレーション結果が変わるかもしれません。電気料金は供給についても買い取りに関しても、改定されることがあります。急に料金が倍になったり半分になることはないと思われますが、料金が5円変わるだけでこのシミュレーション結果も大きく変わってきますよ。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
「タイナビ」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
「パネイル」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細
バナー原稿 468×60 (110824)imp
「グリーンエネルギーナビ」の申込みはこちら