太陽光発電の売電情報『中国電力』

中国電力

中国地方にお住まいの方が中国電力と売電契約を交わした場合について、簡単にシミュレーションを行ってみましょう。ここでは、一般的な家庭が太陽光発電を設置した場合の平均的な数字を用いて計算します。

申込みや詳しい問い合わせについては、中国電力の最寄りの営業所を参考にされるといいでしょう。申込み代行なども承っている太陽光発電のメーカーでも、申込み手続きなどについて詳しく教えてくれます。

金額シミュレーションですが、まず電気を「売る」ことについては全国共通です。容量10キロワット以下の一般的な太陽光発電設備単独で売電契約を交わす場合、単価は1キロワットあたり42円と決まっています。これは平成24年5月現在の単価ですが、売電契約は契約から10年間は契約時の金額が変わらないことになっています。今売電契約を交わした場合は、しばらくこの単価で計算しておいて間違いありません。

太陽光発電で売るのは「余剰電力」であり、発電した分を自分の家で使うこともあります。この分は電気代の節約として計算することができ、この節約できる料金については各電力会社の電気料金によって異なります。簡易化するため、1か月400キロワットずつ電力消費を行ったものとして計算していきます。300キロワットを超えた分については24.69円、120キロワットから320円までの分は22.90円というのが一般的なプランでの単価です。(平成24年5月現在)

この単価を元に、容量4キロワットの太陽光発電設備で年間4,000キロワットを発電、そしてその6割を売電に回した場合を考えます。まず売電する分についてですが、4,000×0.6×42=100,800円の収入が得られます。一方で電気料金から差し引かれる分についてですが、簡便化のため1キロワットあたり24円として計算させてください。4,000キロワットのうち残り4割、1,600キロワットに24円をかけ、38400円ほどの節約につながるということになります。簡単な計算であり各家庭によって多少前後しますが、1年につき14万円ほど収入と節約でお得が見込めるものと考えていただければと思います。

一つだけ気を付けていただきたいのが、売電契約を始める前の設備投資についてです。太陽光発電システムとは別に、電力会社で売電量を図るための売電メーターを取り付けなければいけないのですがこれは家庭負担となります。取り付けはもちろん、10年ごとに義務付けられている定期検査や交換費用も各家庭持ちとなることはご理解ください。中国電力だけでなく、全国共通の仕組みです。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
「タイナビ」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
「パネイル」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細
バナー原稿 468×60 (110824)imp
「グリーンエネルギーナビ」の申込みはこちら