太陽光発電の売電情報『中部電力』

中部電力

2009年11月からはじまった太陽光発電の余剰電力買取制度は、各企業やご家庭がそれぞれの電力会社と改めて「売電」契約を結ぶことになります。太陽光発電システム自体はメーカーから販売してもらい、取り付けることになりますが電気を「売る」ためにはこの契約が欠かせません。メーカーで、電力会社とこの契約を代行してくれる場合もあります。詳しくはメーカーか電力会社の営業所にお問い合わせください。

ここでは中部地方で、中部電力と売電契約を交わした場合にどれくらい太陽光発電でお金をもらえるのか、節約できるのかを考えます。その前に、売電メーターを個人(家庭)負担で取り付けなければいけないため少々の初期費用がかかります。売電メーターはアナログ式で1万円強くらいですが、取り付け後も定期的に検査・効果を行う必要があることもご理解ください。定期検査は10年に1回であるため、ここではこの費用を考えずにシミュレーションを行います。

まず売電契約後の買い取り価格ですが、現在は1キロワットあたり42円となります。売電は契約時の金額が10年間続く仕組みになっているため、しばらくはこの料金の上下を考慮に入れる必要はありません。一般的な家庭で取り付けられる4キロワットの太陽光発電で、4000キロワットを発電したとして計算してみましょう。平均的な家庭ではこのうち60%ほどを「売電」にあてることができるため、電力会社に買い取ってもらえる電力は2,400キロワットほどと見積もれます。2,400キロワット×42円で、およそ10万円ほどが1年あたりの収入になるでしょう。

発電した残りの1,600キロは、電気の節約という形で家計を助けることになるでしょう。中部電力が一般家庭から受け取っている電気料金ですが、これは電力量によって単価が変わってきます。120キロワットから300キロワットではキロワットあたり21.09円、それ以上では22.52円です。1か月で120キロワットも電気を使わないということは長期で家を空けたりしない限りあまり考えられないため、ここでは1キロワットあたり22円として計算していきます。家庭で使った1,600キロワットに22円をかけると、およそ3万5000円です。この2つを合計して、およそ13万5000円ほどが売電契約で見込める収入+節約効果だと考えてください。

あとは各ご家庭の発電量やライフスタイルなどで、この金額は上下することとなります。初期費用もばらつきがあるでしょうから、太陽光発電がペイするかどうかは各ご家庭で慎重にご検討ください。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
「タイナビ」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
「パネイル」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細
バナー原稿 468×60 (110824)imp
「グリーンエネルギーナビ」の申込みはこちら