『太陽光発電 売電 10年後』

太陽光発電の売電の10年後の未来は?

太陽光発電は導入から間もない状況で、近い未来がどうなっているか気にされている方も多いと思います。実際、太陽光発電の買い取りは買い取り期間が10年と定められています。今は1キロワットあたり42円という買取価格ですが、10年後にはおそらく価格が変わっているでしょう。買取価格は徐々に下げられる見込みとなっているため、おそらく30円台もしくは20円台になっているものと考えられます。

だからといって、10年後に全く太陽光発電のメリットが薄れてしまうとは考えられません。買取価格が下がる見込みである一方、電気料金は今後上がっていくことが想像できます。太陽光発電はまず売電にまわす前にご家庭で電気を使うために発電した分をまわすことになるため、この節約効果がさらに高くなることはあるでしょう。

ここから先は、技術開発がどれほどのスピードでなされるかにもよるので確定的な話でないことをご了承ください。今は充電・蓄電ができない太陽光発電ですが、今後太陽光発電で使わなかった電力を充電して停電に備えることができるようになるかもしれません。電気自動車が普及して、太陽光発電とリンクする可能性もあります。そのため、10年後には単なる「売電」以上に太陽光発電のメリットが出てくる可能性があります。

経済産業省・電力会社としては、少しでも早い時期に太陽光発電が普及することを期待しています。それだけエネルギー自給率がよくなりますし、安定した電力供給がしやすくなるためです。しかし年々太陽光発電システムの設置費用が安くなり、今より10年後に設置したほうがはるかにお得になるというのでは皆さんなかなか導入をしてくれないでしょう。そこで今、買い取り価格に優遇措置をつけた上で補助金を出し早期導入を推奨している状態です。

今太陽光発電の導入を考えるのであれば、何年で元が取れるか信頼できる業者と相談してしっかり見極めることが大切です。基本的に、10年くらいで元が取れることはほとんどないでしょう。補助金などを最大限利用し、昼間の電力を節電したとしても15年〜25年程度が予想されます。当然、リスクが全くないわけでもありません。転勤がある方であればせっかく自宅に太陽光発電を取り付けても遠くへ転勤する可能性はありますし、近所に高層建築ができて家が日陰になる可能性もゼロではないでしょう。そういったリスクを含めるため、家計シミュレーションは低めに見積もっておくのもいいかもしれません。

当サイトが選んだ!太陽光発電の一括見積もりサイト!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
「タイナビ」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細
「パネイル」の申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社アイデアマン 詳細
バナー原稿 468×60 (110824)imp
「グリーンエネルギーナビ」の申込みはこちら